コンテンツ

和式から洋式に交換するトイレリフォーム

和式トイレを使っていたものの、高齢の問題や介護などを見据えて、洋式に交換したいという場合があります。和式から洋式に変更する場合のポイントをチェックし、総額が入った見積もりを依頼します。

■トイレリフォームにかかる費用

和式トイレが汲み取り式の場合は、水道工事の費用もかかりますが、水洗の場合ならもう少し費用を抑えることができます。最初に洋式トイレの本体代です。これはどんなタイプを選択するかによって大きく異なります。
次に工事費です。リフォーム前のトイレの状態がどうだったかによって差がありますが、共通でかかる元のトイレの解体、配管工事、古い便器の処分代があります。そして新しい便器の取り付け代を合わせた価格が、トイレリフォームの最低限の費用となります。

■トイレの内装などにかかる費用

和式から洋式に変更する場合、どうしても必要な内装工事があります。例えば和式の床は段差がついている場合が多いです。洋式トイレの床はフラットなので、段差の部分を解体し、フローリングの工事を行います。洋式にするのであれば温水機能などがついているトイレにしたいという人もあります。一般的に和式にはコンセントはないので、トイレ室内にコンセントを付ける電気工事が必要となります。

■まとめ
和式から洋式に変更する場合の、最低限の価格をチェックします。見積りは水道 評判のよい業者2社以上からもらうと良いです。どうしても必要な費用と、少しバージョンアップしたものとを比較検討することもできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ