コンテンツ

つまりがひどい場合トイレリフォームを考える

トイレの排水管は使用するうちに少しずつつまりやすくなります。経年劣化によるものが大きいですが、日ごろの使い方にも気を配っておくとよいでしょう。

■トイレのつまりが気になるとき

例えばつまりが起きる原因として、つまりやすいものを流してしまうことがあるかもしれません。トイレットペーパー以外のものは、トイレの排水管内に留まりやすくなります。そうなると排水管 水漏れが起こる要因となります。
家族それぞれが、つまりやすいものを流していないか、チェックします。時々排水管も意識した掃除を行います。

■トイレリフォームを行う

長くトイレを使用していて経年劣化が疑われるような場合は、思い切ってトイレリフォームを行うことを考えます。見積もりはなるべく数社からとるようにします。排水管 水漏れなど、見えないところのトラブルが予想されるときには、見積もり時に業者に症状を伝えることができます。
トイレリフォームを行った後に、排水管はスムーズに流れているか、使い勝手がいいかなどアフターフォローをしてもらえるところなら安心です。

■まとめ
トイレがつまることは時々おこります。毎日利用するところなので、丁寧に使うことを心がけます。排水管を傷めないように、固形のものを流さないようにしましょう。
トイレリフォームを行うときには、見積もりを取って分からないところもきちんと確認して、いくつか比較します。アフターサービスもしっかり行ってくれるところは安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ