コンテンツ

トイレリフォームで棚を検討する

トイレリフォームをする場合、どこまで手をいれるのか、ということを決めなければなりません。トイレのタイプももちろんですが、一番改善したいことを決めその部分を中心に検討します。

■掃除のしやすいトイレにしたい

今までのトイレと大きさは変えずに、もう少し使い勝手の良いものに変更したい、というケースもあります。洋式のトイレだと、トイレの奥に設置されているタンクが邪魔で、トイレの奥の掃除がしにくいと思うこともあります。そんなときは、タンクレスのタイプにするトイレリフォームを検討すると良いでしょう。
タンクレスにすると、今までタンクがあった部分がなくなり、トイレの室内がスッキリします。できた空間に棚をつけるなどすると、予備のトイレットペーパーなどをキレイに整理しておくことができます。

■スッキリとした見栄えのトイレにしたい

掃除用ブラシやクリーナーなどが床に置かれていると、片付かないし不衛生な印象を受けます。こうした道具は棚に片付けておくと衛生的に見えます。トイレリフォームをするときに同時に棚を設置すれば、収納場所に困りません。
掃除道具はまとめてドア付きの棚に入れると、見た目もスッキリしますし、床に置いているものが散乱するという心配もなくなります。

■まとめ
従来のトイレをタンクレストイレに変更するのであれば、空いたスペースを活用して、収納できる棚をつけるトイレリフォームも検討できます。見た目もキレイになりますし、機能面でも今までのトイレより性能が向上します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ