コンテンツ

トイレリフォームではタンクの検討もする

なるべく予算をかけずにトイレリフォームをしたい、という場合があります。今までのトイレの型番を探し、機能がバージョンアップしたものを選択することができます。また思い切って新しいタイプにしたい、というときもあります。どちらを選択するか、トイレを使う人みんなで良く話し合って決めます。

■今までのトイレと同じ程度のリフォーム

今まで使っているトイレのタイプが良いという場合、同じメーカーで型番を探すと、そのタイプの最新のものを確認できます。当然機能面は良くなっているので、同じタイプでも様々な機能が付帯されています。
温水洗浄便座がついていたり、エコタイプの節水機能がついているトイレがあります。機能はどんなものを付帯すると良いか、何が必要か、家族で意見を出し合い決定しましょう。

■タンクレストイレを検討する

最近のトイレの一つに、タンクレストイレがあります。水をためておくタンクを使わず、水道栓から直接水を流すタイプです。タンクを設置する必要がないので、トイレが広く見え、より使い勝手が良くなります。
ただし、タンクレストイレは一定の水圧が必要なので、集合住宅やマンションといった水圧が弱い場所では設置できない場合があります。

■まとめ
トイレリフォームで便器を交換しようと考えているときにまず行うべきことは、どのような便器を選択するのか決定することです。最新のタイプへ変更するなら、自宅に設置可能か、水道栓も含めて確認する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ